中古パソコン販売科|コンピューター総合病院 ECOMAX高岡本店・富山店

富山県高岡市・富山市の中古PC販売ショップです。中古パソコンを店頭にて激安価格19,800円より販売中。

中古パソコンの選び方

弊社では中古パソコンを多数取り扱っております。
パソコンで出来ることは様々あります。例えば、

  • ユーザーインターネットやメールを楽しみたい。
  • WordやExeclを使用して、事務作業を行いたい。
  • iPhone等のスマーフォンを利用していて、写真やアドレス帳のバックアップを取りたい。
  • DVDを観賞したい。
  • 画像や動画編集がしたい。

…等、パソコンの用途は人それぞれです。

選び方弊社の中古パソコンの購入を希望されている方で、
よく口にされるのが、「どれを選べば良いのかわからない(´・ω・`) 」。

弊社の店頭で販売している中古パソコンには、
パソコンのスペック(性能)を記載しておりますが、

OS:XXX
CPU:XXX
メモリ:XXX
ハードディスク:XXX
光学ドライブ:XXX
LAN:XXX

…何が書いてあるのかさっぱりわからない(´・ω・`)

提案激安パソコンで十分な場合もありますが、
用途によっては少々高額なパソコンを選ばないと、
力不足で使い物にならない場合があります。


弊社では、スタッフがお客様の用途に応じた最適なパソコンを提案いたしますが、
ここでも少し解説します。

OS

OSOSとは、パソコンを動かすためのソフトのことです。
Microsoft Windows や、Apple Mac OS 等が有名です。
弊社で販売中のパソコンは、一部機種を除き、Windows 7 を搭載しております。
Microsoft社から提供されている、最新のOSアップデートも適用済ですので、
ご購入後は、すぐにご使用になれます。

Windows Vista以前のバージョンのOSを搭載したパソコンを使用していて、
Windows 7 以上のバージョンのOSを搭載したパソコンへの乗り換えの場合、
以前のバージョンのOSでは動作していたソフトが、新しいバージョンのOSでは動作しない場合があります。
現在ご使用中のソフトを引き続き使いたい場合は、ソフトの対応OSのご確認をお願いします。

CPU

CPUパソコンの性能を最も左右するのがCPUです。
高性能なCPUを搭載しているパソコンのほうが、当然処理も速くなります。
Intel社のCPUの場合、CPUの世代にもよりますが、

Core i7 > Core i5 > Core 2 Quad > Core i3 > Core 2 Duo > Pentium > Celeron > Atom

の順で、左側に記載されているCPUほど高性能なものになります。

じゃあ高性能CPUを搭載したパソコンを選んだほうががいいの?
必ずしもそうではありません。

  • インターネットやメールを楽しみたい。
  • WordやExcel等の、Officeソフトを利用したい。
  • iPhone等のスマートフォンを使用していて、写真や連絡先のバックアップを取りたい。

上記用途であれば、Celeronクラスで十分対応できます。
(激安パソコンでOKです。)

動画・画像編集を行いたい場合は、Core i5・Core i7 を搭載したパソコンがオススメです。
クアッドコア(一部を除きます)CPUですので、動画・画像編集もサクサクこなします。
(弊社では3~4万円台で販売しております。)

ゲームを楽しみたい場合は、Core i7 を搭載したデスクトップパソコンがオススメです。
Core i7 は個人使用向けのCPUとしては最強クラスで、処理もダントツに速いです。
(Core i7 を搭載したノートパソコンでもゲームは可能なものもありますが、グラフィック能力が非力です。ゲームを楽しむ場合は、CPUだけではなく、グラフィックカードも強化する必要があります。パワーアップは可能ですが、要求される性能によっては、中古パソコンでは対応できない場合もあります。)

メモリ

メモリ 使用するアプリケーションによっては、メインメモリを大量に使用するソフトもありますので、
そのようなソフトを利用する場合は、大容量のメインメモリを搭載したパソコンのほうが快適に動作します。
逆に、メインメモリをそれほど使用しないソフトもあります。(WordやExcel等)
その場合、大容量のメモリを搭載していても、体感速度の差は出にくいです。

ハードディスク

HDDOS等のシステムや、作成したデータが保存される装置です。
容量が大きいほど、沢山のデータを記憶させることができます。
写真(画像)や動画データ等を大量に保存したい場合は、大容量ハードディスクを搭載した機種がオススメです。
ハードディスクが故障すると、データの取り出しが難しくなるので、
ハードディスク内のデータは定期的にバックアップを取ることをオススメしております。

グラフィックボード

グラフィックボードインターネットやメール、文書作成等を行うのみであれば、グラフィック処理能力は要求されませんが、
3D CAD等のモデリング作業や、ゲームを楽しむ場合は、グラフィック処理能力が要求されます。
マザーボードのグラフィック処理能力では力不足になるので、補強する必要があります。
そこで使用するのが、グラフィックボードです。
ノートパソコンの場合、グラフィック処理能力の向上は困難ですが、デスクトップパソコンの場合はグラフィックボードを追加することで、グラフィック処理能力を向上させることができます。
(ゲームを楽しみたい場合は、グラフィックボード処理能力だけでなく、メモリや電源ユニットの補強も必要になる場合があります。
パワーアップは可能ですが、要求される性能によっては、中古パソコンでは対応できない場合もあります。)

ディスプレイ

ディスプレイディスプレイはサイズも重要ですが、解像度も重要です。
ディスプレイサイズが大きくても、解像度が低かったり、
逆にディスプレイサイズは小さくても、解像度が高いものがあります。
高解像度ディスプレイのメリットとして、

  • 画像が綺麗に表示される
  • デスクトップの領域が広く使える
  • 文字が鮮明に表示される

等が挙げられます。
また、ディスプレイの表面処理には光沢(グレア)・非光沢(ノングレア)の2種類があります。

光沢液晶
画面がピカピカしており、画面の色が鮮明に表示されます。
写真や動画がキレイに見えますが、外光の映り込みが激しく、目の負担が大きいため、長時間の作業には向いていません。

非光沢液晶
外光の映り込みが少なく、長時間の作業でも目の負担が少ないです。
光学液晶と比べると発色が地味で、画面がやや白っぽく感じられます。

一般的に、個人仕様モデルは光沢パネル、法人仕様モデルは非光沢パネルが採用されていることが多いです。

LAN

インターネットインターネットに接続する際にはLANを用います。
LANは有線接続だけなく、無線接続も可能です。
ノートパソコンの場合、無線LANを内蔵した機種が多いです。
デスクトップ・一体型パソコンの場合、有線LANポートのみを搭載している機種が多いです。
有線LANポートのみ搭載している機種で、無線LANを利用したい場合は、無線LANアダプタを取るける必要があります。

光学ドライブ

光学ドライブ一般的にDVDマルチドライブ(2層)が主流です。DVDやCDにデータを書き込むことができます。
ビジネス(法人)モデルの場合、DVD-ROMドライブを搭載している機種が多いです。
DVD-ROMドライブの場合、DVDの読み込みはできますが、書き込みはできません。
最近はブルーレイドライブを搭載した機種も増えております。DVD・CDだけでなく、ブルーレイディスクの読み書きができます。

スポンサーサイト